黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morichanland.jp/tb.php/456-12f1f890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なぜ節分に 「いわし」 を食べるの***  (*’U`*)

2016/02/03 15:05

       いわし

 今日は節分ですが、立春の前日を節分というようになったのは、

室町時代あたりかららしいです。

また、季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、

新しい年(立春)を迎える前日(節分)に、鬼に豆をぶつけて邪気を払い

福を呼び込もうというわけです。 

昔から臭いのきついものや尖ったものを厄払いに用います。

そこで、鬼の嫌いなものは「臭い鰯(いわし)の頭」と「痛い柊(ひいらぎ)のトゲ」とされ、

鰯の頭を焼いて柊の枝に刺し、それを家の戸口に置いて

鬼の侵入を防ぐ焼嗅(やいかがし)という風習がうまれました。

また、鰯を戸口で焼いて臭いをかがせることを焼嗅と呼んだり、

鰯の頭を柊の枝に刺したものを、鰯柊と呼ぶこともあります。

最近は焼嗅を玄関先に取りつけるお宅も少なくなりましたが、

家の中に飾る方は多いようです。また、節分に鰯料理を食べる人も多く

住環境の変化とともに取り入れ方も変わりつつあるようです。

我が家も鰯を食べますが、厄払いなのですねー

スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morichanland.jp/tb.php/456-12f1f890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。