黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morichanland.jp/tb.php/285-875d1d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もう一度見直しましょうー「ピーマン」の栄養価を**********☆ ☆

2015/09/13 15:05

ピーマン

ピーマンは唐辛子の仲間でカプサイシンを含まない唐辛子の

甘味種を改良して作られた品種です。

パプリカ、フルーツピーマンなどの種類がありますが、

「ピーマン」として一般的に売られている緑色のものは

未熟なうちに収穫されたもので、収穫しないで置いておくと

赤やオレンジに色付きます。

独特の香りが強いピーマンは明治・大正と一般家庭に全く

定着しませんでしたが、第二次世界大戦後に経済統制の

対象外であったピーマンの栽培が活性化し、戦後の食糧難の中で

貴重な食料として食されたそうです。昭和30年頃から消費は増え、

臭みを消すような品種改良も行われたことから一般家庭にも

親しまれる食材の1つになったようです。

[ピーマンの主な効能効果]

ピーマンにはレモンの2倍とも言われるほどのビタミンCを始めとして、

ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンB1、B2、ビタミンE、ビタミンD、

ビタミンPと豊富なビタミンを含み、鉄やカルシウムなどの

ミネラルも豊富です。
ピーマンが疲労回復に良いと言われるのは

細胞の働きを活性化
してくれる

ビタミンAやCを含んでいるためで、風邪予防としても効果的です。

[効果がアップするピーマンの食べ合わせ]
•ピーマン+シイタケ・ナス・オリーブ
    ⇒老化防止・美肌効果
•ピーマン+玄米・ヤマイモ・ホタテ・アサリ
   ⇒肥満防止
•ピーマン+青紫蘇・ネギ・唐辛子・カブ
    ⇒血行促進効果
•ピーマン+さつまいも・タマネギ
    ⇒ストレス予防
•ピーマン+ほうれん草・牛肉・カツオ
    ⇒貧血の予防改善



スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morichanland.jp/tb.php/285-875d1d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。