黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morichanland.jp/tb.php/167-d227d08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2030年には再生エネルギー倍増****?

2015/06/02 15:05

エナルギー

経済産業省の有識者会議は6/1日、2030年の望ましい

電源構成に関する政府案を決定しました。

太陽光や風力などの再生可能エネルギーを現在の2倍以上に

ふやす一方、東日本大震災前に約3割だった原子力の依存度

引き下げ、再生エネルギーを下回る水準にしました。

政府の今後のエネルギー政策の基本方針になります。

具体的な比率は
▽ 再生エネルギー  22~24%
▽ 原子力   20~22%
▽ 天然ガス火力   27%
▽ 石炭火力   26%
▽ 石油火力   3%

また、比較的安い費用で安定的に発電できる

ベースロード電源(石炭火力、原子力、水力、地熱)の

割合を、今の40%程度から、56%程度に引き上げると

しています。 政府は今後、国民から意見を募り、7月に

電源構成の目標を正式に決めます。

政府はこの電源構成案を前提に、2日にも、30年度の

温室効果ガス排出量を13年度比で26%減らす

新目標を決める方針だそうです。

なかなか進まないエネルギー問題一歩前進ですかね?




スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morichanland.jp/tb.php/167-d227d08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。