黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

せっかくのご馳走が***  (´・_・`)   

2016/10/10 15:15

   ランチ

昨日、卓球の練習後仲間と自転車に乗り創作料理の店へ行き

ステキなランチタイムを楽しみました。

季節感満載の料理です。(*^_^*) 

練習で汗をかき、自転車を運転したので喉が渇いていたのか

ビールが美味しくてついつい飲むペースが速くなりました

せっかくのお料理がアットいう間に満腹になってしまいました。

次回はアルコール抜きで食したいと思います*** (´・_・`)


   かき

スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

血管若返りに「氷酢たまねぎ」が良さそうです*** o(^▽^)o 

2016/05/01 15:05

    こおり

 昨日テレビで血管-20歳続出!”氷酢たまねぎ生活”を

見ました。氷酢たまねぎが健康調味料とし

注目されているようです。

酢玉ねぎは血糖値や中性脂肪に高い効果があるそうです。

ですが、5日間も酢に漬け込む必要があり少々面倒。

それに保存も短いですよね。

でも氷にしたら、保存も長く使いやすいですね

 ☆酢しょうがと氷酢玉ねぎの違い

酢しょうがは保温効果が高く寒い冬に

縮こまった血管を拡張する効果に優れています

たまねぎは血管をサラサラにし血管若返りに

温かい春ならば、血管若返りに長けた

氷酢たまねぎがおすすめのようです。

 ☆ 作り方も簡単です
1 たまねぎは皮を剥き、4等分に切る
2 ミキサーにたまねぎ・酢・はちみつを入れ混ぜ
3 製氷皿に入れて冷凍庫で一晩凍らせる!

 ☆ 一日の目安
1日3ブロック(75g)を食べるだけ。

 ☆ 氷酢たまねぎの保存方法
凍らせたまま 2ヶ月間保存が可能
素のまま:冷蔵庫に入れて一週間保存可能

 ☆たまねぎと酢の相性抜群
玉ねぎは血液をサラサラにし血圧を下げる
酢は主成分である酢酸にも
血流促進・血管拡張効果が

 ☆氷酢たまねぎ・正しい摂取法
食事に氷酢玉ねぎをプラスするだけです!
シャーベット状で料理に使いやすい。
ハンバーグはそのままミンチと混ぜるだけ。
お味噌汁や炒め物にもおすすめ
冷や奴に氷酢たまねぎをプラスしても合います


酢とたまねぎのコラボはいかにも良さそうですねー








[編集]

スポンサーサイト

関連記事

肉のような「大豆ミート」が注目されています***  o(^▽^)o 

2016/04/27 15:05

      大豆

 大豆でできた加工食品「大豆ミート」が注目されています、

肉のような食べ応えがあって低カロリーで、健康志向の

人に人気が高いようです。

大豆ミートは、油を搾った後の大豆を、

圧をかけて成形し乾燥させたものです。


ブロックやミンチなど様々な形状があり、店頭では乾物の

コーナーに並ぶ事が多いようです。

価格は100g 300円程度

鶏肉を軟らかくしたような食感で、たんぱく質が豊富で、

肉に比べてカロリーは半分から4分の1ほど。

コレステロールもゼロだそうです。*** o(^▽^)o 

料理の前の下こしらえが必要のようですが、上手に利用して

低カロリー、高たんぱくのレシビを調理したいですねー



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

一杯のみそ汁で一日分の乳酸菌が摂取できますよ** (*^_^*)  

2016/04/11 15:05

    みそしる
  永谷園は、即席みそ汁「シールド乳酸菌M-1 みそ汁」を

2016年2月1日に発売しました。

「シールド乳酸菌M-1」は、森永乳業が発見した乳酸菌で、

腸内環境を整え、免疫力を高める効果があるとされています。

加熱殺菌菌体なので、加工や加熱処理をしても、高い効果

期待できるそうです。

1杯に1日の摂取目安量である100億個を含んでいるようです。

一般的な即席みそ汁同様、器に調味みそと具を入れてお湯を

注いで溶かすと麩、ワカメ、ネギといった具材が入ったみそ汁が

味わえるようです。  3食入りで、希望小売価格は税別130円。
 
一杯で一日分の乳酸菌を摂取できるのは嬉しいですねー

ヨーグルトの苦手な人には朗報ですねー (*^_^*)








[編集]

スポンサーサイト

関連記事

「怪味ソース」が登場します**** (*^_^*)

2016/03/28 15:05

             ソース

 キユーピーは、「素材が恋した 怪味ソース」を4月5日に発売します。

 「商品名にある「怪味(かいみ)」は、“複雑な”という意味を持つ

中国四川省発祥の調味料「怪味醤」に由来します。

酸味、塩味、甘味、苦味、旨味に、辛味としびれを加えた

7つの味の要素が調和している調味料
で、宮廷料理の

怪味鶏という料理のソースとしても知られているそうです。

「素材が恋した 怪味ソース」は、怪味醤をアレンジし、

日本人の好みに合うようマイルドに仕上げたソースのようです。

怪味醤とマヨネーズの相性の良さに着目し、山椒、豆板醤、生姜、

練りごまなど
味のアクセントとなる素材に、キユーピーの乳化技術を

掛け合わせたようです。 怪味ならではの複雑な味を再現しつつ、

いろいろな料理の味付けにも使える汎用性が特徴だそうです。

 唐揚げや蒸し鶏にかけるソースとしてはもちろん、チャーハンや

焼きうどんにも使え、幅広いメニューの味付けがこれ1本で決まり**

料理の味に深みが出来そうですねー*** (*^_^*)

[編集]

スポンサーサイト

関連記事